IT業界の社長・経営幹部から労務管理の苦労を解放します

社長の社会保険

現在、会社は社会保険をかけていますか?

もしかして...

   [check]健康保険は...国民健康保険?
   [check]年金保険は...国民年金?

会社で社会保険をかけていなければ、社長さんは国民健康保険と国民年金になりますね。


いろんな業種の社長さんとお話をさせていただいて、生の声でわかったことをご紹介します。


なぜ、社会保険をかけていないのか...

あるコンビニエンスストアの有限会社の社長さんの主張

【社長さん】

社員は、アルバイトとパートさんしかいない。

雇用保険もかけなくていい条件だし、労災もかけていなかった。

でも、コンビニ本部の指導で、労災だけはかけた。

当然、健保も年金もかけていない。

問題ないんじゃないの!

社長さんの考えは、ほとんど正解です。

【やまさき】

労災保険は、社員さんがいるのでかけなくてはいけないのでOK!

雇用保険は、週20時間以上働く社員がいないのでOK!

しかし!

法人なので社長さんは、社会保険(協会けんぽ・厚生年金)をかけなきゃダメなんですね。


本来そうなんですが、悲しいかな、かけていない会社さんが多いんです。

なので、この社長さんは責められません。


やまさきの提案

【やまさき】

「社会保険(協会けんぽ・厚生年金)をかけるべき!」

とご提案しました。



別に、原則論・法律論を振りかざしたわけではないんです。


この社長さんは自身に結構高額な報酬を設定していたんですね。

国保はMAXを支払っています。

社長さんには資産はあるようですが、年金も国民年金よりは当然に厚生年金のほうが割がいい。


社会保険をかけた場合、会社負担分は経費となるし、概算で計算しても社会保険をかけた方がお得というシミレーションを持って上述のようにご提案しました。


一点、社長さんが不安に思っていたことは「年金って本当にもらえるの?」「自分たち(40歳代)の時は、年金制度は崩壊してもらえないんじゃないの?」ってことでした。

私は個人的意見として「年金制度が崩壊したら、暴動が起きますよ。国がそんな状態だったら、民間の個人年金なんてのはもっとアテになりませんよ。」ってお話しました。


奥さんと相談した結果、社会保険に入ることとし、とても喜んでいただきました。


横展開

コンビニエンスストアのようなフランチャイズで経営している会社さんでは、正社員はなくアルバイト・パートさんだけで運営しているところが多いようです。

フランチャイズといえば、

   [check]お弁当屋さん
   [check]ケーキ屋さん
   [check]宅配寿司屋さん
   [check]学習塾

等、様々な業種がありますが、経営の形態は法人で社長さんだけってケースが多いと思います。

そういう社長さんは、ぜひ社会保険(国の制度)の加入を検討してみてはいかがですか。

一考の価値はあると思いますよ!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional